賃貸住宅にはかからないコスト

住宅は賃貸よりも持ち家に住みたいという人は多くいます。借りるよりも買ったほうが良い、という理由のひとつが、家賃が勿体無い、というものです。しかしながら、住宅にかかるお金を最も安くするには、安い賃貸住宅を借りて住むのが最も良い方法であることが多いでしょう。むしろ、長期ローンなどを組んで住宅を購入することこそ、利子が勿体無い、と言えるのではないでしょうか。ローンを組んで住宅を買った場合、最初に返していくお金は、全部利子ですから、借りたお金を返し始めるのは、暫く経ってからの話になります。借金した本人たちは、確実に返済しているつもりでも、元本は全く減っていなかったりするのです。住宅を購入した場合、現金一括払いで買ったとしても、かかってくるお金はそれだけではありません。まず、税金を払わなければなりません。固定資産税は不動産を所有している限りずっと支払わなければならないわけです。賃貸住宅に住んでいれば、家賃は払いますが、自分で固定資産税を払う必要はありません。家賃の安い賃貸住宅に住めば、大きな家を所有して支払う固定資産税よりもお金がかからないこともあります。また、住宅は購入したときが一番新しく、年数が経てば劣化していきます。賃貸住宅も劣化していきますが、経年劣化による傷みは店子が修理する必要はありません。住宅を購入してしまえば、例え経年劣化であっても補修するのは自分の責任なわけです。リフォームにも多額の費用がかかることもあります。賃貸住宅には様々なメリットがありますが、その中でも最も大きなメリットは身軽であることです。仕事の都合などで転勤することになっても、不動産の管理や処分を考えずに引っ越すことができます。将来のことは誰にもわからないにもかかわらず、文字通り動かすことのできない高額な財産を所有してしまうのは、少々リスクの高いことだとは言えないでしょうか。一見、損しているように考えられがちな賃貸住宅のメリットをもう一度考え直してみる価値はあるでしょう。

業者間の情報も入手

思わぬような良い物件が、格安に登場していることもあるので、専門のサイトや雑誌など、頻繁にチェックしておくことも肝心です。さらに、業者に自分の希望の不動産を依頼しておくと、業者間だけの情報なども先に聞くことができるので便利です。

Copyright ©All rights reserved. 新築一戸建ての不動産は家族の夢 .